手打ち千ヶ峰蕎麦
最初の予定は砥峰高原の平家そば処「交流庵」
しかし峰山高原を抜けて我々の行く手を阻んだのは〜
ニ、三日前まで寒かったとは
いえ、もう三月下旬なのに
この雪、我々のバイクでは
先に進むには勇気が要ります。

へたれの我々は迷わずに
Uターンを選択です。
予定を変更しなくてはなりません。
ここからバイクで走って30〜40分、神崎町にある
千ヶ峰蕎麦を食べにいくことにする。

千ヶ峰蕎麦は「新田ふるさと村」の中にある「杉ん子茶屋」
で食べられる。 ツーリングマップにも載っています。

県道8号から県道367号と道幅の狭い道を12Kmぐらい
山の中へ走ると到着です。
平日という事もあり、入り口は閉まっていて
「御用の方はインターホンを押してください」だって〜
のんびりしていいですね〜

インターホン押して「蕎麦が食べたのですが?」
「ハイ!どうぞ、お入り下さい」
こちらは座敷です。
我々はブーツを履いていたので
脱ぐのが面倒なのでテーブルへ
我々の注文は
山菜天もりそば!

ふるさと定食も
美味そうです。

ふるさと定食には
天もりに山菜おこわ、
刺身こんにゃく、山椒佃煮、
エリンギ山椒煮が付きます。

席に着くと
お茶とそばの揚げたものが
出てきました。
香ばしくて美味しいです。

メニューをひらいて注文です。
待つこと10分あまりで注文の
山菜天もりそばが出てきました。

そこそこボリュームもありそうです。

薬味のわさびとネギが
笹の船に盛られています。
チョット凝っています
山菜の天ぷらはお塩を
かけて頂きます。
カラッと揚がってサクサクです。

タラの芽、つくし、美味ですね。
おやじの年齢になるとこんなのが
美味しく感じてくるんですね〜
そばを食べた最初の印象はコシがあるということです。
おやじの好みとしてはもう少し柔らかいほうがいいですね〜

麺はしっかりとして四角くそろっています。
シコシコのツルツル麺ですかね?

などかな田舎の雰囲気も一緒に楽しめるお店ですね〜
なんせ
羊が出迎えてくれますから〜笑
千ヶ峰蕎麦

場所
神崎郡神河町新田340−1  MAP

営業時間
11:00〜17:00


定休日
水曜日

HP
HOME
BACK