丹波裁ち切りそば一眞坊
2007/04/23
R372号を走行中に気になっていた看板、一眞坊。
いつかは行きたいと思っていたのですが
やっとその機会がやってきました。

お店はR372号、篠山市古市の踏み切り近くの
わき道を北に入りしばらく走ると右手にあります。
入り口を入って左に待合室があります。
今日は平日の月曜日なので待つことも
なく案内されました。
縁側を通って障子を開けると
板張りの和室です。
囲炉裏があってそのまわりに
座るようになっています。

田舎風の造りになっています。
メニューをみて注文です。
つめたいそばとあついそばに分かれています。

鴨南蛮も気になりますがもりそばを注文します。
蕎麦が出てくるまでに
蕎麦湯が出てきました。

蕎麦の風味が濃く美味しいです。
しばらくすると蕎麦が出てきました。
出てきた蕎麦をみてビックリです。
透きとおった緑色にみえるのです。
どうしてなんでしょうね。
麺は細く太さも綺麗に揃っています。
そして一本一本が長いのです。
ホント不思議な蕎麦です。

ちょっと鰹風味のつゆにつけて頂きます。
けっこうコシのある麺です。

麺の細さとコシのバランスがよく
調和のとれた食感が味わえます。

大袈裟のようですが感動ものです。
これが裁ち切りそばの持ち味なんでしょうか?
普通、蕎麦はそば切り包丁で切るのですが
ここの蕎麦は細い刃先の尖った包丁で
蕎麦を裁ちきるそうです。

ご主人の拘りが感じられます。
また食べたいです。
丹波裁ち切りそば一眞坊

場所
篠山市住山276   MAP

営業時間
11:00〜15:00

定休日
水曜日

HP
HOME    BACK