BACK
HOME
タンクバックの中のお土産は
このような状態でした。
味は変わらないからね!!!
おまけ
本日参加の皆様お疲れ様でした。




大変ご迷惑をお掛けしましたが
またの参加宜しくお願いします。

美味しそうに食べているね!!
ゼブゼブさん!
みんなは明石で、たこ焼きを食べることになったが
おやじは、所用がありそのまま帰りました。
そして、夕焼けの中明石へ
フェリーは岩屋を離れます。
最後にゼブゼブさんに 
しめて頂きました。
客室に入って一息ついました。
tantanとゼブゼブさんが、

おやじさん最近なにもやっていなかったのにね〜
これでバフさんが居ていたら大変ですよ。
居なくてよかったね!!


だろうな〜
彼が居ていたら3発は殴られていたな!!

みんな、笑いながらおやじを労わってくれる???
まぁ〜 事故にならなくて幸いでした。

  
  皆様ご迷惑をお掛けしました。


時間も迫っているので出発しましょう。
ここから県道25号、県道31号の
サンセットラインで岩屋まで帰ります。
途中で一度給油以外はノンストップで走ります。

夕闇せまるサンセットラインですが、落ち込んでいる
おやじにとっては景色を楽しむ余裕はなかった。

岩屋のフェリー乗り場に着くと出航直前。
乗船券を買って飛び込み乗船!!
待ってくれていたみんなに
状況説明をする。
先に料金所通過のMacさん
みんなにOKサインを出します。
後ろを見ていると
最後尾を走っていた
Macさんが左路側帯に
バイクを止めて後方を
確認してくれています。

お〜 
バイクを降りて走って
くれています。

そして2車線を横断して
分離帯付近でごそごそと!

お!!  あったのか〜

バイクに戻り
おやじの待っている所までタンクバックを届けてくれました。

いや〜
おやじさん、なにをしているんですか〜
なんか黒いものが飛んだと思ったら、タンクバックでビックリしましたよ。
コロコロころがっていましたよ。
メットの中で思わず笑ってしまいましたよ。 
ホンと笑わせてくれますね。


どうぞ、笑って下さい。
諦めていたのに拾ってもらいありがとうです。







   神様!  仏様!  Mac様!!



タンクバックを受け取って走り出すも、おやじは恐々です。
走りながらバックを確認!
かなり痛んでいるようだ。 後でゆっくり確認するか。

ちょっと不安がよぎる!
コインポケットを開けてみる。

予感的中!!!


        高速チケットが〜
        飛んで無くなっている〜
        もう勘弁してくれ〜



泣けそうになるおやじです。

淡路南CI到着です。
Macさんに先に高速料金払ってもらい、後続のおやじが高速券を
飛ばして無くした事を伝えてもらう。
今回は特に書類も書かずに通してもらえた。
渦潮を見てこれで後は帰るだけです。
その前にお土産を買わなければなりませんね!

何を買って買えろかな〜
タンクバックに収まりそうで!
徳島らしくて!
んん〜 これでいいわ!!

すだちわらび餅!

ちょっと大きいようだけど無理すればタンクバック入るだろう。
デジカメは一緒に入りそうにないから腰に下げて〜

ここで少し予感が〜
橋は風が強そうだし、タンクバックをフロントカウルの
蔭に入るように少し前につける。

よっしゃ〜  準備できたよ〜
出発しましょう。

県道11号で鳴門北ICへ
途中かなりの風が吹いている。

鳴門北ICより神戸淡路鳴門自動車道にのる。
あれ! そんなに風は感じないな〜

今朝はみんなにおいて行かれたからな
今度はおやじが・・・
Macさん、hamさんと抜いて

よっしゃ〜  
アクセルをグット開ける!
おぁ〜  全員抜いてやった〜

っと
その時、スッとタンクの上の黒いものが消える!!
サイドミラーに、ころがる黒い物体が〜

あぁぁぁ〜〜〜   

タンクバックが〜〜〜

横を抜けるホクリンさんが
なんか飛んでいきましたよ!!

分かっているよ!

タンクバックじゃ〜

思案しながらとりあえず左車線の路側帯にバイクを停車。
Uターン逆走は駄目やな。
デジカメも入ってないし、お土産とマップだから諦めるか!!
鳴門大橋のたもとから
淡路島を眺めた風景です。


水ツー観光もやりますよ!
浅瀬では河のように
潮の流れが速いです。
渦の中を突き進む
観光船渦潮号???
所々、床がガラス張りになっていて
45m下の渦潮がのぞけます。
大鳴門橋下の遊歩道です。
渦の道は、大鳴門橋橋桁空間に設置された遊歩道です。
450m先の展望室までの海上散歩を楽しめます。
先端の展望室は太平洋側、瀬戸内海側ともに眺望できるガラス張りです。
また、床下にも眺望ガラス床がはめこまれ、世界三大潮流の一つに
数えられる鳴門の渦潮を、約45mの高さからガラス越しに
のぞくことができます。

まぁ〜行って見ましょう!!
鳴門公園の駐車場に
バイクを止めます。


ここから渦潮を見に
渦潮の道に行く。

集合写真も撮ったし、鳴門公園に向けて出発しますか!
このまま県道183号を少し走ると到着です。
あれ!!!
集合写真を撮らないのでは?


tantan我慢出来ずに撮影です。
撮りたくて仕方なかったんだろう!
いい眺めです。


みんなで

ハイ!
海岸沿いから分かれて山道へ。クネクネ道、鳴門スカイラインです。
路面もよくてワイディングを楽しんで走れます。
山を登って頂上付近の橋で左右の視界が開ける。 
なかなかの眺めです。 

四方見展望台でバイクを止めます。
海岸線を快走です。
さすが『うずしおロマンチック海道』
ルートはR318号を香川県方面へ。交通量も少なく快走路!
途中から県道40号へ、これまた田舎道で快適走行!
午前中のイライラはここで解消です。

引田からR11号へ入る。ここも良いペースで走れる。
ガイドマップでは『うずしおロマンチック海道』と書いてある。
では、出発します。
みんな残さずに頂きました。
お腹一杯、大満足です。
あぁ〜
食った! 食った!
残さず全部食べました。

平谷家さんの
たらいうどんでした。
焼き鳥が食べ終わるころを

見計らって
たらいうどんが
出て来ました。
さすが、シェフですね!!
見よ!
この真剣な顔つき。


プリプリで柔らか
ジューシーな焼き鳥です。
美味しゅう御座いました。
注文は焼き鳥4人前
たらいうどん6人前


まずは焼き鳥です。
シェフにお任せ!
しっかり焼いてね。
渓流沿いの離れ座敷???

趣満天

ゼブゼブさんご満悦!!!
行き着いた所はここでした。
県道11号途中でhamさんと、おやじが給油する。
ガソリンスタンドで徳島観光ガイドマップを入手して、
これからのルートとお昼ご飯の相談をする。
徳島市内に入って徳島ラーメンをたべるか?
それとも、うどんにするか? ガイドマップとにらめっこ!
おぉ〜 いいのがありました。
   
      阿波の名物
『たらいうどん』  

『たらいうどん』って阿波の名物なん! 知らなかった!!
お昼ご飯決定です。 出発します。

県道12号で鳴門市内をぬける。
さすがに市内は交通量も多く所々で渋滞もある。
四国霊場、1番札所、2番札所を右手に見ながら、走る。
時刻も11時過ぎて日差しは強くなり蒸し暑い。
市街地を離れると交通量も少し減ってきたが、
信号待ちで停車するとやっぱ暑い。

土成からR381号、鵜峠方面に右折する。
ここからは車も減りペースも上がる。
山の中に入って来たので少し暑さも和らいで感じる。

道の駅『どなり』に到着です。
ここでtantanが地元ライダーさんから、うどんの情報を得る。
食べさせてくれる所は数件あるとのこと。
その内の一軒に入りかけるが、ゼブゼブさんが拒否!!
手前にあった山道を入って行く方が面白そうだって。
県道11号の
海岸線です。
みんなに、追いつきました。
鳴門北ICです。

四国上陸です。
前方バイクの姿は見えません!

奴らめ〜


いや〜 下品な言葉使い
失礼しました。
おやじが写真を撮っている間に
みんなは、カッ飛んで行ってしまった。

おいおい!待ってよ〜
トイレも済まし、お腹も満たしたので出発しますか!
でもtantanが、『ここまで集合写真撮ってないのですが〜』

みんなで

『今日はもうええんにしようか〜』
『たまには、こんなツーリングもええやろ〜』
『今日はサラッと行きましょう』


ってな事で淡路島南ICに向けて出発します。
県道25号のワイディングを楽しみながら淡路島南ICへ

ここから大鳴門橋を渡る。
tantanは、から揚げかいな〜
天気も良く気温も上がり出す。
ここでおやじは水分補給。

Macさんは、サンドイッチが
よほど食べたかったのか、
ここで遂にgetです。
海岸線、潮風をうけながら快走!
所々工事で片側通行、
しかし1時間少々で南淡町の
コンビニに到着する。
淡路島はR28号を
南淡町まで南下する。
岩屋到着!!
9時前になるがやはり
誰も来そうに無い。
9時早々に出発。
みんな揃って朝のご挨拶に
今日の予定などを話す。

一応、岩屋に9時集合だけど、
多分誰もいないだろうな〜
出航前に登場!
ホクリンさん!!

岩屋集合かと
思っていました。
客室入って早速ですか〜
何時もの光景です。
ゼブゼブさんの朝食タイム!

ゼブゼブさん気を付けて
後ろからMacさんがサンドイッチ
狙っていますよ。
お見送りのみぃさんを残して
みんな、乗船です。

みぃさん、お見送りありがとう。
次ぎは参加してね!!
tantan,あなたは橋を渡るって言ってなかったか〜
さては一人で行くのが寂しくなったな!!

そろそろ乗船時間になりました。
では、みなさん乗船致しましょう。
この後、次々にhamさん、ゼブゼブさん、tantan,と到着です。
この黒のイエローコーンの
ジャケットは間違いなくみぃさん!!


今日は初参加か?

『いや〜
会社が近くでお見送りです。』

そうなんだって!!
Macさんとベンチにかけて、今朝の渋滞の話をする。
Macさんの住まいはここから10分ほどだそうです。

そうこうしていると、一台のバイクが到着!
あれ!あれは、みぃさん?
いつものMacポーズ
で決めてくれました。
今回のツーリングも微妙な天気予報だった。
12時から18時の降水確率だけが50%とたかい。
他の時間帯は20%とそんなにたかくないのに!!
相談の結果、雨に降られる覚悟で予定通りに行くことにする。

9時に岩屋たこフェリー乗り場に集合である。
8時25分明石出航のフェリーで行くことにする。
平日の東方面は渋滞するので時間の余裕を考えて7時前に家を出る。

姫路バイパス姫路西ICをのぼるとすでに渋滞している。
あれ!ちょっと予想外、渋滞は加古川辺りからと予想をしていたおやじ。

少し焦りながらバイクを走らせる。
遅ければこのまま高速で明石海峡を渡って行こうかと考えていたのだが、
7時35分に玉津ICこれならなんとか間に合いそうだ。

7時45分明石フェリー乗り場に到着!
乗船券を買って二輪用の乗り場にバイクを駐車する。
おやじが一番乗りのようだ。みんな橋を渡るのかな?

そうしていると8時頃にMacさんが到着です。
2005/09/14
平日徳島、鳴門渦潮ツー